header_logo.GIF

グローバル・シーはアメリカ、中国、東南アジアからの輸入を行っています。
海外から輸入したい方は気楽にお問い合わせください。

国際会議/見本市参加旅行・通訳・ 海外展示会設営、論文翻訳/添削/編集も
グローバル・シーにお尋ね下さい

新着記事

2008年05月05日

5-4-2008 輸入関係ニュース

米産牛肉輸入問題で、韓国政府批判が急拡大
日刊スポーツ
韓国で、米国産牛肉への輸入制限措置の解除を決めた李明博政権に対する批判が急速に拡大している。先月の米韓首脳会談直前の解除決定には「米国への手土産だ」との批判が出ていたが、大手テレビ局が「韓国人は牛海綿状脳症(BSE)感染に弱い遺伝子の人が多い」と報じた ...


キム・ミンソン-キム・ヘソン、米国産牛肉輸入に批判のメッセージ掲示
innolife.net
タレントキム・ミンソンとキム・ヘソンが、李明博(イ・ミョンバク)政府の米国産牛肉輸入開放を強く批判して、ネチズンの注目をあびている。キム・ミンソンは1日、自身のミニホームページに載せた「ネンム-_-」という題の長い文で、「狂牛病の危険がある牛を骨まで輸入 ...


日本のコメ 中国 輸入制限枠を撤廃 胡主席、訪日時に表明へ
西日本新聞
6日から訪日する胡錦濤・中国国家主席が7日、検疫上の理由で設けている日本からのコメ輸入制限枠の撤廃を表明する方向で、最終調整していることが分かった。日本政府関係者が2日明らかにした。中国への輸出が認められる精米工場指定に必要な調査期間について「1年間」 ...


米牛肉輸入、韓国で反対拡大・「韓国人、BSEかかりやすい」
日本経済新聞
【ソウル=山口真典】韓国政府が米国産牛肉の輸入制限措置を段階的に撤廃すると決めたことについて、反対論が急速に広がっている。韓国MBCテレビ番組などが伝えた「大部分の韓国人はBSE(牛海綿状脳症)にかかりやすい遺伝子を持つ」という説がインターネットで拡散 ...


牛肉輸入の条件緩和求める
47NEWS
長官は米国産牛肉問題について、韓国が先月、輸入制限の段階的な解除を発表したと指摘、日本に対しても月齢基準の引き上げなど一層の条件緩和を求めた。中川氏は「日本では中国製ギョーザの中毒事件など、食の安全にかかわる問題が続いている。米国のせいばかりでなく、 ...


米国産牛肉:韓国の輸入問題、北でも報道
朝鮮日報 - South Korea
北朝鮮の労働新聞は2日、米国産牛肉輸入を決めた李明博(イ・ミョンバク)大統領を非難し、「絶対に容認できないことで、徹底的に計算する(=代価を支払う)ことになるだろう」と報じた。同紙はこの日、「事大売国と反北朝鮮対決の恥ずべき犯罪行為」と題する論評で、李 ...


アサリ:中国産の輸入急減で国産が急騰 給食にも影響
毎日新聞
中国製冷凍ギョーザによる中毒事件で中国が検査体制を強化し、1〜3月の中国産アサリ輸入量は4694トンと前年同期比で34%も減った。中国からの輸入急減による品薄感と国産志向の高まりで、国産活アサリの価格は釣り上がっている。横浜市の水産卸会社「三徳(み ...


コメ版OPECの創設検討=東南アジア5カ国、輸入国の反発も
時事通信
各国が輸出量や価格決定で影響力を保持するのが狙いだが、コメ輸入国のフィリピンなどは早くも「悪い構想」と反発している。この構想はカンボジアのフン・セン首相やタイのサマック首相が提唱している。同首相は4月30日、タイを訪問したミャンマーのテイン・セイン ...


posted by Mark at 02:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 輸入関係ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。