header_logo.GIF

グローバル・シーはアメリカ、中国、東南アジアからの輸入を行っています。
海外から輸入したい方は気楽にお問い合わせください。

国際会議/見本市参加旅行・通訳・ 海外展示会設営、論文翻訳/添削/編集も
グローバル・シーにお尋ね下さい

新着記事

2008年04月22日

輸入関係ニュース 

【インド経済】物価高の原因は「輸入インフレ」−蔵相
インドチャネル - 千代田区,東京都,India
チダンバラム蔵相は4月20日、現在の国内の物価上昇の主な原因は「輸入インフレ」であるとの見解を示した。ケララ州カヌールで開かれたセミナーでの発言をPTI 通信が伝えている。蔵相は、75%を輸入に頼る原油が2004年の1バレル当たり37ドルから115ドルに上昇したほか、 ...


“日本からの投資を促進”
NHK
韓国のイ・ミョンバク大統領は、福田総理大臣との共同記者会見で北朝鮮の核問題の解決に向けて両国の協力関係を強めるとともに、日本からの輸入に依存しがちな韓国の部品・素材産業を育成するために日本からの投資を促していく考えを示しました。


米国産牛肉の輸入規制緩和で合意、正式発表へ=韓国農林省
ロイター
[ソウル 18日 ロイター]韓国農林省は18日、米国産牛肉の輸入規制緩和で合意したことを明らかにした。農林省の報道官は「現在詳細を調整中で午後6時(日本時間同)に正式発表する」と述べた。米国産牛肉輸入問題で正式合意すれば、北米自由貿易協定(NAFTA) ...


一筆多論】石井聡 物価上昇は仕方ないのか
MSN産経ニュース
安藤氏が開発したカップめんは今、原材料である輸入 小麦の高騰という試練にさらされている。世間は「値上げの春」への警戒感を強めており、カップめん値上げはその代表例だ。原因の多くが国際小麦価格の2倍以上にも及ぶ暴騰にあることは間違いない。 ...



posted by Mark at 10:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 輸入関係ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。